ぷちおたくの趣味日記

オタクになりきれないオタク。軽度なアニメオタク+ラブライブ好き+車ゲー馬鹿。運動にはまりつつあるコミュ障のBlog

唐突に恋愛ゲーをプレイしたくなる、の巻

自分の習性といいますかなんといいますか、2,3年に一度ぐらい、強烈に恋愛ゲーをプレイしたくなります
普段はForzaやアクション系しかプレイしないのですが、たまに上記症状になります。

しかし問題が... XboxOneにはこの手のゲームが致命的に少ない。とはいえPS4/Vitaまで買う気になれません。

そこで半年ほど前に新調したパソコンを利用することにしました。

えぇ、つまり禁断の 18禁 です。以前はMacだったので壊滅的でしたが、Windowsは豊富すぎますw。(むしろ普通の恋愛ゲームのほうが少ない感アリ)

しかも体験版がたくさん!そんなわけで連休中に遊んだ体験版のレビューです。

※Blog中にそういう画像は使ってませんが、18禁ゲームであるという理解の上で続きをお読みください

選定基準

さきほど述べたとおり、エロ要素は一切求めていません。二択でいうなら ないほうがいい

なので「一般コンソールにも移植可能なレベルのもの」を中心に探しました。

条件

  • パッケージがコンソールゲームっぽい
    • 裸体などがない
    • やたら胸が大きいのはアウト(個人的に気持ち悪く感じるので)
  • タイトルが普通 (ダイレクトに その手の単語 がない)
  • ジャケット絵が好み
    • 淡い絵柄で等身高めのもの
    • 最近のアニメ的な塗り、キャラデザとは反対と言えるかも。
  • システムは簡素なノベル系中心
    • シミュレーションやRPG要素は不要(少ないですがね)

そんななかでマッチしたゲームの体験版レビューをお届けします。


銀色、遥か

公式サイト

各種サイトで高評価なので気になったのでダウンロード。 購入する一歩手前までいきました。

  • やや淡い絵柄のイラスト
  • 少しさみしげなピアノBGM
    • 雪の背景と絶妙にマッチ
  • それにあわせた少し寂しさ漂うストーリー
  • 主人公が好青年。こうなりたいぜ...
  • ヒロインかわいい!

と確かにこれは売れるわ、と納得。


特にクール系お姉さんヒロインの 如月瑞羽 がめっちゃ好みでした。

しかもストイック系アスリートキャラ(※世界レベルのフィギュアスケート選手)
名前も見た目も 如月千早 (アイマス)を彷彿とさせるものがあり一発でお気に入りに。

さらに金髪メインヒロイン、べスリーがまた好み...金髪というだけでやばいのにこのお人形さんみたいなビジュアルにやられました。

と、ここまでは買う気まんまんでした。この作品の詳細をネットで調べるまでは....


買う気なくしたきっかけは、公式サイトのキャラクタ一覧 で瑞ねぇを見た時です。

...だれ、このぽっちゃり体型...

いや、アスリートの体型じゃないよ..これでトレーニングしてるいわれても説得力ゼロです。完全に体重コントロールミスってません...? (※「そういう体質だから」はこのレベルの選手までいくと通用しないと思ってます。体質は重要な才能です)

これだから18禁ゲーは、と思った瞬間です。胸のサイズを気持ち悪いぐらいにしないと気がすまないのか...

まだべスリーは受け入れれます、体型良さそうな外国の方ですし(※このサイズが好きという訳ではない)

さらに調べると、中学生より先の話はイチャイチャメインとしり少し落胆。このどこか寂しげな雰囲気が好きだったのに...

もしかしたら切ないストーリー展開なのかもしれませんが、ちょっとこれで買う気なくしました。


とはいえ体験版は面白かったのも事実なのが悩ましい...誘惑にまけたら買ってしまうでしょうw


アオナツライン

(公式サイト)http://products.web-giga.com/aonatsu/

今年3月と比較的最近リリースされたゲームです。魔法やファンタジーのない等身大の恋愛、がテーマっぽい。

こちらも買う一歩手前までいきました


イラストはもう好み。もちょい目が小さいほうがいいかな?ぐらいです。柔らかい色調がすごい好み。

サイト、タイトルからして「銀色」とは対象的に夏のイメージ。切ない、というストーリーではないですね(少なくとも体験版の範囲では)。もっと 青春! というストーリーでした。

なんといっても メインヒロイン、海希がとにかくかわいい。 明るく活発なポニテ幼馴染とかストライクゾーンど真ん中なんですが...

他のヒロインも好みです。たった3人しかヒロインがいないだけはある。

  • ほんわか天然お嬢様
  • ツンな後輩

と定番(懐かしのラブプラスっぽいといえばラブプラスっぽい)


ストーリーも変にストレス溜まるところはなく、ゆっくり気持ちよく見てられる印象。
こちらもBGMはピアノベースで心地よいです。

体験版ラストのバスケの下りは謎でしたが...(たぶん体験版をプレイすると理解してもらえる)


とまぁここまで来て買わなかったのは一つ... パッケージ販売しか見当たらない

いや、今の御時世にこれはないでしょ...もう長年ゲームのパッケージなんて買ってません。全部ダウンロード。
さらに付け加えるなら、エロゲーのパッケージを家に置きたくないw

も一個いうなら、サントラが初回限定盤のみの模様でちょっと落胆。
BGMが本当に好みで、ボーカルトラック集よりBGM集がほしいですね。

PS4移植されるようなのでお持ちのかたはうらやましい...(本当にそういうシーンはいらない派なので)

ダウンロード販売が始まったら購入を考える、ぐらいでしょうか。少なくとも今の所は買う気がありません。



ここからは軽めに。別の言い方をすると「買う気」には至らなかったものです。

Eスクール・ライフ

公式サイト

こちらは前2つと異なり、わかりやすいラブコメ系です。
親が海外にいる主人公がヒロインの家に、という定番。

とにかく メインヒロインの妹キャラが可愛かった ですね。黒歴史系妹、というわりには全く黒歴史な過去ではない気がしましたが。


ただ公式サイトにある、時間や場所を選ぶシステムは体験版にはない?普通のノベルゲーとして終わってしまったような ...

この辺もあり、キャラクタ以外にはあまり魅力を感じずに終わってしまったのがちょっと残念です。


なちゅらるばけーしょん

公式サイト

アオナツっぽかったのでプレイしてみました。ド田舎な移り住んだ主人公が美少女二人と出会うお話です。

なんといっても ヒロイン二人がすごい
男子の好みの最大公約数を全力で狙いに行ってる気がします。

また キャラクタがなめらかに動くのは好印象シャニマスほどではないですが、棒立ちがほとんどなノベルゲーの世界でここまでは少ないのでは?しっかり作り込まれている印象を受けます。


が、名前を選んで呼んでくれる機能は棒読み感が強すぎて逆に駄目でした。違和感すっごい...

あとそこまでストーリーに引かれず...このころにはやり飽きてきたのもあると思いますがw

6800円と他よりちょっと安いのは正直魅力。DL版もありますし、セール中に買っちゃうかもしれません。


絆きらめく恋いろは

公式サイト

学園+剣術バトルもの。この手の漫画・アニメは好きなのでプレイしてみました。


基本的に悪くない と思うのですが、やはりバトルシーンのむなしさが...

完全にテキストのみなら脳内補完だけで行けるのですが、立ち絵が動くエフェクトがあるせいで余計にバトルシーンに虚しさを感じてしまい...

もっともこれは自分がこの手のノベルゲー自体に慣れてないことが大きいと思います。ある程度プレイされている方なら違和感なく楽しめるのではないかと。


そんなわけで面白さを感じつつもどうしても醒めてしまうことがあり、途中でプレイをやめてしまいました。
主人公を取り巻くストーリーとかは結構面白そうではあったのですが。

とりあえず先輩ヒロインかわいい。単独スピンオフ作品もあるとは...

剣術+能力バトルモノなので、アニメ化されると映えそうな作品です。(可能性低いだろうけど...)


まとめ

そんなわけで連休のヒマな時間を色々なゲームでちまちま楽しんでました。各ゲームのメーカー様、ありがとうございます。
体験版だけですが、思ったより満足してしまいました。

気が向いたら買います。18禁要素不要派としては、Xboxに移植されたら購入確実なのですが望みが薄すぎるのが問題ですね...