ぷちおたくの趣味日記

オタクになりきれないオタク。軽度なアニメオタク+ラブライブ好き+車ゲー馬鹿。運動にはまりつつあるコミュ障のBlog

サンシャイン5話感想

約半日遅れでサンシャイン5話を視聴しました

 

以下軽いネタバレ注意!

 

 

 

 

 

善子、いいキャラすぎますね...前半のギャグのキレが半端ない。久しぶりに腹抱えて笑いました。アニメでこんな笑ったのは月刊少女野崎くん以来かも。

 

またニコみたいな感じかと思ってたんですが、厨二をやめたがってるのがよかったですね。よりキャラが際立つといいますか。

(にしても作画に気合いれすぎやろ...)

 

一方で花丸さん、美少女キャラ一直線ですな...初期設定だとなんといいますか、もっと「田舎くさい」感じのイメージだったんですが、アニメだと清楚系美少女キャラ一直線。

ルビィもかわいいし1年組がストップ高でしょう。

 

ほんと今回は1年組に人気が集中してる予感。ここ2話で特に。

 

そして梨子は完全にネタキャラに...毎週クソコラグランプリが開かれるってどういうこと?w

 

一方で推しの果南さん...1フレームも出てこないなんて...現時点で犬のほうが出番多いって...

まじで6話目であっさり加入とかやめてくださいよ...異常といってもいいほど出番を削ってるんだから、後半は優遇してください...

 

で、ちょい考察

 

---------------------------------------

 

最後の鞠莉とダイヤの話、廃校はどうなんでしょうねぇ。違ってほしいという個人的な想い。

 

今更廃校ネタを組み込むのが中途半端な気がして。

「やりたいことをやる」「普通」がテーマなら、廃校は避けてほしい。「やらなきゃいけないこと」になっちゃう。

 

現に穂乃果は廃校さえ救えれば手段は問わなかったわけで。やりたくないことでも穂乃果なら目的のためにやるパワーがあるでしょう(現に漫画版だと剣道でしたし)

 

 

となると、あの鞠莉とダイヤの会話は「果南中退」のほうが面白いんじゃないかと。

復学届については、それに松浦果南の名前が書いてある描写はないわけで。

鞠莉が復学届を果南に渡す>果南が記入せず返して代わりに退学届 とかのほうが今後が面白い気が。

それで3年組がもめて、過去のことでお互い意地になってケンカして、

「それでも...それでも私は3人でもう一度スクールアイドルやりたい!」

と鞠莉が泣きながら言うところを想像するとぞくぞくする...(※全部妄想です)

 

あとそろそろμ'sのストーリーをなぞるのをやめて、Aqours独自のストーリーになってほしいという想いもあります。

 

まぁ全部妄想ですがw  ラブライブという設定ガバガバなコンテンツに考察なんてしてもしゃーないよというのも事実w 

エヴァまどマギみたく整合性が重要なストーリーではないですし、適当に廃校ネタを突っ込んでくるんでしょうねぇ。

 

どちらにせよ、3年組は一気に3人加入の流れが強くなってきた予感。

 

------------------------------------------------

 

で、ここで思ったのがラブライブって週間漫画っぽいなと。

13話全体を通しての面白さより、1話1話の面白さ優先、といいますか。

(現に何話かにわたって展開した、ことり留学問題はイマイチだった...)

 

特にサンシャインはその傾向が強い気がします。

μ'sは「廃校阻止」「全国優勝」という目的のもと動いていたのに対し、(現状の)Aqoursはそれがないので。

 

ゆえに5話は善子を欲しがった理由がよくわからなかったり。今後3年組についても同様。Aqoursは2年組だけで部が成立し、かつ機能しきってるのがちょっと痛い。

(善子は広報担当としては効果が一時的で意味がない、という描写があったのがさらに痛い)

 

この辺がなんというか週間漫画っぽいなぁと。その週のことしか考えてないというか。「他の部員の必要性」を考えると2年組は色々やりすぎです。

まぁ面白いからいいんですけどねw

 

来週からは間違いなく3年組の出番が増えると思うので期待です。